オデッセイ

家族の受験をみはからって観てきた

2/5から日本公開で
一か月以上経ってるけど
まだやっててよかった

結局●●●が強烈に印象に残るという
変な感想とならざると得ないのだけれど
面白かった
140分越えの長さは
自分にはちょっとしんどかったかな
 エンドロール後の
 お楽しみはなかったよ

予告編やCMなどで
マットデイモンが一人になるのは判ってたんやけど
インターステラー」の報いとか
勝手な想像も出来て
楽しい

ハリウッドスターも目白押し
これも「インターステラー」で
 親父より年寄りになる娘役の女性船長
ファンタスティックフォーの
 リブート版透明ネェちゃん
ウィンターソルジャー
アントマン(観てないけど)で
 ブラマヨ小杉の吹替えオジさん
ジャックトラベンに太ももブチ抜かれる相棒
ゴールデンアイの006
騙されて奴隷にされちゃう地黒の男性
等々
基本ヤな奴はいない設定も潔い

2013年「ゼロ・グラビティ
2014年「インターステラー」と
米国では3年続けてSF大作の傑作登場ってな感じ

"オデッセイ"って
車の名前にもなってるけど
元々はギリシャのお話の主人公らしく
そこから
"長い間の旅"ってな意味もあるそうな

ブログで公開されたという
ユーモア満載らしい原作も機会があれば読んでみたい

原題のThe Martianは"火星の人"と訳されてる
火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)
上下巻

宇宙兄弟とのコラボも嬉しい限り
そういやマット・デイモンの吹替えは
今回、平田広明さんじゃなくて
24-Twenty Four-シーズン3で
 ジャックの相棒役&キムの彼氏でもあったチェイスの声をあてた役者
  神奈延年(かんなのぶとし)さんという方らしい


映画「宇宙兄弟#0」もようやく円盤化
 http://ameblo.jp/uchukyodai-movie/entry-12124706265.html


●●●で思い出したけど
そういや実家の父も家庭菜園で
自家製有機物撒いてたっけ...
年頃の娘がいるのに
よぉ、あんなことしてたよな


イタリア版Blu-rayに日本語収録されてるらしい
http://macgy.blog.so-net.ne.jp/2016-01-18
 本体18ユーロ+送料+手数料15ユーロくらい?
 4200円くらいで手に入る計算?
 あ、でも手数料割引されるなら28ユーロで3600円くらいかな