大人のための藤子・F・不二雄

Pen+ (ペン・プラス) 大人のための藤子・F・不二雄 2012年 10/1号 [雑誌]
うわぁいいよこれ
まだチラ見だけど
長崎尚志の編集者ならではの
藤子F先生論が
思わず「そうそう!」
と唸ってしまった


先日ネットサーフィンしてたら
藤子F先生の
特集本が出るとの情報を得られてたので
早速発売日に店頭で中身を確かめて購入


Pen+(Plus)ってどんな雑誌か買ったこと無かったし
数ページしか掲載されてないだろう
この類の本の編集方針に少し"疑心暗鬼"もあったので
 そういやこのフレーズも
 ドラえもんの道具が先やな


でもやっぱ藤子F先生だし
何しろ原画ページ掲載
というのに魅かれたので
店頭で手にとってみたら
これがスミからスミまで藤子F節満載


未見の「おれ、夕子」カラー画もあったり
 ペンタッチからすると後年の
 書き下ろし画っぽい 
  調べてみたら
  藤子不二雄ランド「少年SF短篇 4」
  の表紙書き下ろしらしい

  
  そういや「おれ、夕子」って
  「山寺グラフィティ」的に
  結構切ないお話なんよね
  てんコミ
  藤子不二雄少年SF短編集 (第2巻) (てんとう虫コミックス―別コロ版)
  に収録されてたのは 
  偶数奇数ページ編集が原作者の意図と
  違ってるっぽくて
  肝心のシーンの演出が台無しになってた記憶がある
  藤子F先生はちゃんと
  読者がページをめくる動作まで計算してると思われるのにね
  編集で作品の質を落としちゃダメでしょ


  この手のエピソード
  SFとはいいつつも
  切なさが体験談っぽく感じるのは私だけなのかな
  たとえばトキワ荘なんかで
  XXさんに実は告白されてたりとか...


  こんなの出てきた
  http://d.hatena.ne.jp/nagatani/20050601
  以下には伏字ナシで
  http://mizumakura.exblog.jp/10953730/
  これが真実だとしたら
  「アタラズといえどもトオカラズ」
  といった感じなんだけどな
  真実は本人にしか分からないだろうし
  やっぱ伏字にしておいたほうが
  ロマンチックかもね

  
他にも新たな発見ありそうで楽しみ
じっくり堪能しよう!


こんなのもあったので貼っとこ
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kanagawa/news/20120831-OYT8T01693.htm
ウチも読売新聞とってんだけど載ってなさげ…
これは地方版っぽいね