ビブリア古書堂

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
ドラマでやってた原作を買ってみた


タイトルや内容にデジャブがあったので
調べてみると案の定
藤子がらみだった
 http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20120303


小説の2巻
 第三話 足塚不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』(鶴書房


藤子ファンにはおなじみのタイトルと出版社である
足塚不二雄名義の単行本デビュー作で
初版本がすごい金額で取引されていた逸品で
小説でも触れられている


藤子ファンを自称しながら
UTOPIAは完読したことはなく
まんが道」に掲載されていた
断片的なコマを"読んで"いたのみである


この話に出てくる古書堂のお客が
藤子マンガのコレクターで
小説に出てくる収集ラインナップや解説が
なんだか親近感が湧いて"くすぐったい"


ドラマでこのエピソードが扱われるのかどうか
微妙なトコかもしれない
藤子Aは存命だし、足塚名義だと権利関係ややこしそうだし
でも架空の作家や作品だと、魅力半減だろうな


後日追記
 2/25(月)晴れて、このエピソードが映像化されました
 http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20130225
 家族から「まるであんたの部屋や」と言われました(ハハハ)
 でもディーガでうまく録画できず...
 (毎週録画出来てたのに)
 なんでこんなときに限って...
 公式に書籍紹介っての載ってた
 http://www.fujitv.co.jp/biblia/book/book_07.html