大友克洋と藤子F先生

昨夜にふとTVつけたらNHKで手塚先生の特集やってたよ
※今日2/9は手塚治虫先生の命日なんですね


遅ればせながら録画して
後日確認したら
なんと!大友克洋と藤子F先生の対談も収録されてた
珍しい組み合わせやなぁ


っつうか
藤子F先生は
 手塚作品黎明期をリアルタイムで体験した作家のお話を聞こう
という位置づけっぽい
どっかで言われてた?ような
 「手塚治虫大友克洋だった」
という生の声が映像化された貴重なものなのかも


藤子F先生
昭和20年代をあれだけ克明に覚えてるって
よっぽど手塚先生の"矢継ぎ早"作品が衝撃的だった証拠ですな


大友といえばAKIRAなんだよなぁ
中学・高校生の時、ヤンマガに連載してたっけ
不定期だったけど


大判かつ分厚い単行本で
装丁が斬新だったな
AKIRA(1) (KCデラックス)AKIRA(2) (KCデラックス)AKIRA(3) (KCデラックス)
AKIRA(4) (KCデラックス)AKIRA(5) (KCデラックス)AKIRA(6) (KCデラックス)
短編「FIRE BALL」との関係性も一興


いっとき
スタイリッシュな大友画も模写したマイブームがあったけど
「なんか違う感」があって
辞めたんよな


大友
童夢」とかもよかったな
全一巻の単行本で
デッサン力・ストーリー
イチイチ完成度高いもんなぁ
童夢 (アクションコミックス)
SF大賞をマンガで初受賞やったっけ
"はじけちゃう"浪人生のモデルは
完全に大友克洋そのままやね


ネット巡回してたら
こんなの発売してるんですね

藤子・F・不二雄の発想術」
機会があれば保護しておこう
是非とも帯付で
http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20140204