京都で宇宙兄弟展が開催されました

オープニング記念講演ということで
聴講権が抽選で当たったので
家族と一緒に行ってきました

宇宙飛行士ならではの
貴重なオハナシは興味深かったです

で、本命の宇宙兄弟

いやぁ圧巻でした

原画のパワーって
印刷物より気迫が伝わってくる

メカなんかも精密に描写されてるので
登場人物にリアリティが出てくるんよね

この手の原画展って
撮影できないことが多いはずなんやけど
皆、撮影しまくってたので
便乗させていただきました

ヤンじいには元NASA職員にモデルが居たんですね
ソックリでびっくりでした

ネームが壁一面に張り巡らされていて

このような膨大なプロセスから
傑作が生み出されているんだなぁと
実感できました

8/13に原作者:小山宙哉先生のサイン会も催されるとのこと
抽選当たるといいな(66名限定なんだそうな)
※8/10まで物販2000円以上購入で抽選券がもらえる

家族からいくつか細かい指摘があったので覚書
・せりかさんの顔が、単行本と違ってた
・単行本ではセリフが違ってた
・このキャラ、ここでサングラスかけてたっけ?
・「拝啓日々」ミスプリ