NES

Nintendo Entertainment System
略称ネス
当時、アタリショックで家庭用ゲームは終わりだ
と言われていた市場に投入
ゲームと思われないようにネーミングされ
周辺機器もロボットなど充実させた
日本名ファミリーコンピュータ

ってなことが
NHKの新・電子立国※
でやってた



平成8年11月21日に
「新・電子立国」
"第4回 ビデオゲーム巨富の攻防"
と題して放送された番組。
相田洋氏がディレクト
放送当時は様々な論議を呼びました。

後に幾度となく再放送もあり
書籍も出版されているので
ご存知の方も多いことでしょう。

ブッシュネルのポンにはじまる
ビデオゲーム黎明期から
アメリカ家庭用ビデオゲームの全盛
アタリショック
ハドソンの機関車マニアの会長
ボンバーマン開発現場
などが紹介されました。

もちろん任天堂もとりあげられています。
ドンキーコング
ファミリーコンピュータ
スーパーマリオブラザーズ
の開発秘話が紹介されました。