隆慶一郎

鬼麿斬人剣 (新潮文庫)


途中だけど面白いなぁ


鬼麿の豪傑さは
傾奇者の前田慶次郎
影武者徳川家康島左近
捨て童子・松平忠輝を髣髴とさせる


山上たつひこ

山止たつひこ(後の秋本治
くらい紛らわしい
峰隆一郎って 名前の
時代小説作家もいるけど
読んだことない

名前パクってんちゃうかと思ってる
 #え?峰隆一郎の方がデビュー早いの?
 #そりゃ失敬


あと同じ時に
宮部みゆきも購入してんけど
理由 (新潮文庫)
は、のっけから読む気なくしたし
火車 (新潮文庫)
は途中まで面白かったのに
残りページ数少なくなってきてるのに
どう展開するの…
って思ってたら
「えええええ!????そりゃなかろう...」


結末が消化不良


別の観点では
Amazonの☆ひとつの感想に
いちいち頷けて面白かった


なんか近年の作家や受賞作や"よく売れてる"ってやつ
どうも期待を裏切られることが多い


東野圭吾は別かもだけど