フィクサー

2007年公開
原題マイケル・クレイトン

ジュラシック・パークなどの映画で有名な
ベストセラー作家のマイケル・クライトン
が原作と思いきや
全然関係ないっぽい

よくよく調べてみたら
綴りも違ってた


BSプレミアムで録画してたやつを
観終わったんやけど

面白かった

最後はああでなくっちゃ

社会派映画でも
キチンと娯楽作品に仕上げているところが
やっぱハリウッドは凄いなぁと思う

ジェイソンボーンシリーズの脚本を手掛けてた
トニー・ギルロイの初監督作品

製作陣はオーシャンズシリーズの
ソダーバーグ、主演のクルーニーも参加
シドニー・ポラックもちゃっかり出演もしてて

製作陣もガッチリ
ひょっとして、モデルになった汚職事件でもあったのかも

アクション巨編が大好物なんやけど
こういうのもいいよな

最近製作づいているブラピ出演の
リーマンショックを元にした映画
マネー・ショート 華麗なる大逆転
も公開されるし
胸糞悪いコンプライアンス違反の大企業を
社会的に抹殺してくれるとスカッとするな



つまらない冒頭がそのままUPされてるけど
改めて観ると妙に納得してしまう

主演のクルーニーの家族構成も
もひとつわかりにくいし

Wikipediaはネタバレ全開なので
観終わった後に、ストーリーを補足するために
みよう