高志の国文学館

富山の
高志の国文学館(こしのくにぶんがくかん)
企画展
 まんが家
  藤子・F・不二雄の「SF」(すこしふしぎ)
に行ってきた

いやぁ
やっぱいいわぁ原画って

個人蔵の原画って
どういう経緯で所有されてるんやろね
やっぱF先生から贈呈されてたりするんかな

今回興味深かったのは
雑誌に掲載されていた版と単行本に収録された版の違い
ミノタウロスの皿」
「ひとりぼっちの宇宙戦争
みどりの守り神
T・Pぼん」平家の落人
21エモン」最終回
など

ミノタウロスの皿」
なんかは
雑誌掲載版の方が
コマは少ないねんけど
なんでこのシーンを描きなおしたんやろと思うくらいの完成度
主人公が段差のとこで悩んでいるトコや
ポケットにレーザーガンをきっちり握りしめているトコなんか
いい演出なのになぁ
http://kuromakumiai.web.fc2.com/minotaurosu.html

「ひとりぼっちの宇宙戦争
雑誌掲載版は赤と黒の二色刷りで捨てがたい
...んやけどやっぱ単行本収録版が
一色にもかかわらず
水彩?で陰影出てるんやもん
超カッコイイんよ!
http://kuromakumiai.web.fc2.com/hitoribotti.html

みどりの守り神
は、あの見開きが
単行本用の書下ろしだったとは
恐れ入りました
http://kuromakumiai.web.fc2.com/midorinomamorigami.html

原画じゃないけど
劇団21世紀FOX(?記憶違いだったらゴメン)
かなんかの
パンフレット掲載文が
落語口調になってて
F先生相当ノッテおられるようで
なんか読んでるこっちまで嬉しくなってくる
「ボクのSFは
 "SuこしFuしぎ"」
と解説してくれてた

そうそう
高岡地域地場産業センター緞帳の実物も
切り絵原画と一緒に展示されてました
でもねぇ
サイズは違うんやけど
やっぱ切り絵の原画の方がいいんよねぇ
子供たちのクチが違うのよ
あの純真無垢な藤子Fクチなんよねぇ

 館内の壁はこんな感じで
 よく見るとトコロドコロ葉っぱのエンボス加工がしてある
 ※調べたらアルミパネルなんやって
  越中万葉で詠まれたものらしい
  http://www.okamura.co.jp/service/bp/museum/koshibun.html

 これらはやっぱ土管の前やドアの向こうに立って
 撮影するのが正しい楽しみ方なんやろな

高校生以下は入場無料なので地元民は
これを機会に眼の保養に行くべし!
特製カード二択でもらえるらしい
おいらも欲しかったぞ

もひとつ忘れてた
会場では"抽選で10名に素敵な景品がプレゼント"される
クイズなるものもあって
初級編と中級・上級編に分かれてた

初級
 緞帳の乗り物は?
 絵本コーナーにあるひみつ道具は?
 ドラミのしっぽの形は?
 ドラえもん青色になる前は?
 ドラえもんのしっぽにつかまっているのは誰?

中級・上級編
 「漫画少年」で初めて特賞入選した作品は?
 藤子先生サインの組合せアルファベット2つは?
 足塚不二雄名義で初の別冊読み切りは?
 藤子F先生が幼い頃、とくに強烈な印象を残した物語は?
 高岡駅米寿記念入場券でドラえもんが飛んでいる名所は?
 星を持って飛んでいる女の子は?

でもこれで藤子Fと全く関係ないものもらっても
微妙やろな...